オートロックのボタンを押す

みなさん、自動車保険の更新はまだでしょうか。
この際、思い切って見直しを考えてみたらどうでしょうか。
自動車保険はどこも同じで見直しなど必要ないと考えのあなた、少し損をしています。
なぜなら、同じ補償内容でも会社によって料金は大きく変わります。
一般的にネットや電話などで損保会社と直接やり取りをするダイレクト系損保は一般的な代理店を介してやり取りをする、代理店系損保と比べて、全国に店舗を構える必要がないことから、料金が安く済みます。
さらにそのダイレクト系損保の中でも、損保会社によって料金に差があるのです。
補償内容が同一であれば、料金も同一、ではないのです。
さらに補償内容によっても、金額が変わります。
たとえば、対人賠償や対物賠償の上限金額をいくらにするかや車両保険を付けるかどうかでも変わりますし、最近ではいろいろな特約もあり、必要かどうか十分に考えなければなりません。
しかし保険料を抑えてしまったがゆえに、必要な補償が受けられなかったとか(特に対人賠償や対物賠償)逆に長年乗っていて、車両価格が高くない車に高額な車両保険を付けていたり、ほとんど使う機会のないいろいろな特約を付けていたりといったことは保険料を無駄に支払っていることに他なりません。
最近では自動車保険の見直しのために一括で見積もりできるサイトもありますので、ぜひそのようなものを利用してあなたに合った最適な保険を見つけてください。
条件を入力するだけで簡単にできるのでとっても便利ですよ。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

オススメリンク

注目の記事

    車から降りて話す二人

    見直しが大切です

    近年、自動車保険の料金は値上がりが続く傾向にあります。原因は、若者が車に乗らなくなり、若者に自動車保険加入の需...

    Readmore
    ジオラマの車

    見直し方法

    自動車保険の見直しを行う人が増えています。それらは自動車を運転する上で、自動車や人に被害があった場合に補償して...

    Readmore
    家族3人でドライブ

    負担を下げるには

    自動車保険料を見直して家計の負担を下げるには、今必要な保障と切り捨てる保障を明確にすることが重要です。このよう...

    Readmore